● ディスカバー・スノーケリング
● ディスカバー・スクーバ・ダイビング(体験ダイビング)
 
  参加経験はインストラクターの判断でPADIスクーバ・ダイバー、オープン・ウォーター・ダイバーコースに参加する際の実績
    になります。
 

このコースを終了するとPADIプロフェッショナルの監督下で潜るという条件つきのCカードが取得できます。講習内容はオープン・ウォーター・ダイバー・コースの前半部分と同じです。終了記録は、オープン・ウォーター・ダイバー・コース受講の際に有効です。
 

この講習を終了するとプロフェッショナルの監督なしに18メートルまで潜ることができます。いわばダイバーとしてのパスポートが発行されたレベルです。
さらに自分の興味と目的にあわせてスペシャルティ・コースを選んで受講し、ダイビングのテクニックを磨いていくことができます。

● 活動範囲を広げるスペシャルティ
● 遊びのコツをマスターするスペシャルティ
● 基本を磨くスペシャルティ
 

● アドベンチャー・ダイバー
● アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー
いろいろなダイバーと知り合い、いろいろな場所へ行って、水中であたらしいことをしてみる、というプログラム。
入門編からチャレンジ性の高い活動まで、さまざまなテーマが用意されています。
ダイビングそれ自体は、最終目的ではありません。さまざまな経験やトレーニングを通じて行動範囲が拡大、 その結果ダイビングの楽しみが広がり、スキルアップも伴うのです。さあ、好奇心のままに、アドベン チャーに出かけましょう。

最新の国際基準、医療的ガイドラインにもとづいたCPR(心配蘇生法)とファースト・エイド(応急手当)のマスターを目的に開発されたプログラムです。
ダイバーでない方にも、受講できるコースです。
 

ダイビング中に発生した問題にすぐ対処できる知識を備え、トラブルを未然に防ぐ方法をマスターします。
さらに万一の事故の際の救命法も身につけます。
 

マスター・スクーバ・ダイバーとは、さまざまなダイビング環境でテクニックを磨き、相当の経験を積んだダイバーのこと。
マスター・スクーバ・ダイバー専門のコースがあるのではなく、そのダイバーの経験を表彰するもので、アマチュア最高峰に輝くランクです。
 

ガイドやインストラクターなど、プロとしてのダイバーを目指す方のコースです。
・ ダイブマスター
・ オープン・ウォーター・スクーバ・インストラクター   ・ 各種スペシャリティインストラクター
・ マスター・スクーバ・ダイバー・トレーナー     ・ エマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター
・ IDCスタッフ・インストラクター    
・ マスター・インストラクター
・コース・ディレクター